novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

伊坂幸太郎

『火星に住むつもりかい?』伊坂幸太郎

まあ、とりあえず地球でいいかな。 こないだ読んだ『ゴールデンスランバー』でも言及(と言うほどでもないか)されていたね、ジョージ・オーウェルの『1984年』。この『火星に住むつもりかい?』という小説も、そういった類のいわゆるディストピア小説。 特定…

『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎

特にきっかけはないんだけど、久々に伊坂さん読みたいな、とふと思って未読のものをピポパっ(レジスターの音)と数冊購入。 そういえばいつ以来だろ?なんて自分のブログを掘り掘りしたら、今年はじめに読んでいた。ほぼ一年ぶりだなぁ、なんて、その自分のブ…

『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎

★★★★★(★について - NOVELIFE) 熱量がすごい。デビュー作には作家さんの全てがある、と言われるけど、まさにという感じだった。伊坂幸太郎さんの、書きたいという欲がぐわぐわと押し寄せてくるような感じ。 だからと言うわけではないけど、これから伊坂さんの…

『砂漠』伊坂幸太郎

★★★★☆(★について - NOVELIFE) 正月休みで食べ過ぎて身体が重い。ぼちぼち仕事始めてるけど、まだまだ本調子とは言えない感じ。まあ、徐々に戻るだろうけども。 で、そんなダラダラな正月休みの間に読んでいたのが、伊坂幸太郎さんの、『砂漠』。新年最初だか…