NOVELIFE

読了した小説のささやかな記録。

国内ミステリ

『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎

★★★★★(★について - NOVELIFE) 熱量がすごい。デビュー作には作家さんの全てがある、と言われるけど、まさにという感じだった。伊坂幸太郎さんの、書きたいという欲がぐわぐわと押し寄せてくるような感じ。 だからと言うわけではないけど、これから伊坂さんの…

『砂漠』伊坂幸太郎

★★★★☆(★について - NOVELIFE) 正月休みで食べ過ぎて身体が重い。ぼちぼち仕事始めてるけど、まだまだ本調子とは言えない感じ。まあ、徐々に戻るだろうけども。 で、そんなダラダラな正月休みの間に読んでいたのが、伊坂幸太郎さんの、『砂漠』。新年最初だか…

『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎

★★★★☆(★について - NOVELIFE) 今年も、もうすぐ終わるねえ。時間を飛び越えたような不思議な感覚になるあの日がやってくる。師走か。走るのは師匠だけにしてほしい。むしろ走り回っているのは弟子ばかりの気もする。そうして僕は走りながら、今こうやってブ…

『首折り男のための協奏曲』伊坂幸太郎

★★★★☆(★について - NOVELIFE) 長編だと思って読み始めたら、短編集だった。いくつかの雑誌のために書いた短編をまとめたものみたい。だから、連作短編集というわけではなく、一応ひとつひとつが独立したお話。 だけど、少しづつ繋がりを持たせてあって、不思…

『私に似た人』貫井徳郎

★★★☆☆ (★について - NOVELIFE) 想像力と行動力。どっちも大事だと思うんだけど、片方が強いと、もう片方は弱くなる。反比例の関係にある気がする。 行動を起こさない人に、想像力がないというわけではない。むしろ、想像力があるが故に行動に移せないのかな…

『刑事のまなざし』薬丸岳

★★★★☆ (★について - NOVELIFE) 週間天気予報に、ついに雪マーク。いよいよか、という感じ。北国の人間にとって、厳しい季節がやって来る。スタッドレスタイヤへの交換はお早めに。 そんな寒々しい季節は、家で大人しく読書でもしてるのが一番いい。ついでに…

『ロスト・ケア』葉真中顕

★★★☆☆ (★について - NOVELIFE) 分かっていた。分かっている。分かっているのに。 人は立ちすくむばかりだ。 正しい者は一人もいない。楽園ではないこの世界で生きる者は、一人残らず罪人だ。(本文より) 人はいつか死ぬ。分かっていることだ。それは自分だけ…

『天使のナイフ』薬丸岳

★★★★★ (★について - NOVELIFE) だが、他人にその人間の本心などどれだけわかるというのだろう。(本文より) わかるわけがない。本心を隠していない人間なんかいないと思う。僕だってそうだ。 だから、無関係の人間が、事件の真相を暴こうなどと、必死になる様…

『真昼の悪魔』遠藤周作

★★★★☆ (★について - NOVELIFE) 表向きは常識がある人間のふりをしているが、心の芯は冷えた砂漠よりつめたい。そんな人間を私はたくさん知っている。そしてあなたはその人たちより正直なだけだ。(本文より) 正直な悪魔と嘘つきな悪魔。ただそれだけの違いな…