NOVELIFE

読了した小説のささやかな記録。

文学

『パイロットフィッシュ』大崎善生

記憶と行動原理 村上さんより大崎さん パイロットフィッシュっていうのは、熱帯魚などを飼育する際に、最初に入れて水槽の中の環境を整えてくれる魚のことらしい。犠牲になってくれるんだね。『パイロットフィッシュ』を読んでいて、熱帯魚を飼ってみたいな…

『サイドカーに犬』長嶋有

★★★★☆(★について - NOVELIFE) 女性の涙ってやつに弱い。戸惑う。急に階段を駆け上ったその人を、ぽかんと下から見上げるような気持ちになる。バカ丸出しだ。ほんと、女性のほうが一歩も二歩も先を進む。数年後、あの時のあの言葉はこういうことか、とやっと…

『パラレル』長嶋有

★★★★☆ (★について - NOVELIFE) たまたま見てしまったんだけど、今、50mほど離れたところを歩いていたおじさんが、転けた。おじさんは恥ずかしそうだった。見てしまって申し訳ないと思いながらも、こうやってブログに書いてしまっている。 誰かに話したくなる…

『チエちゃんと私』よしもとばなな

★★★★☆ (★について - NOVELIFE) チエちゃん。と聞いて、どうしても頭に浮かんでしまう。何を隠そう、僕の義理の姉もチエちゃんなのだ。妻の姉で、僕とは同級生。妻は、よしもとばななさんの小説が好きなのだけど、それが理由で、この『チエちゃんと私』は読ん…

『春、バーニーズで』吉田修一

★★★★☆ (★について - NOVELIFE) 何だかんだと忙しい毎日を過ごしていると、何か大事なことを忘れてるような気がしてしまう。気がするというより、実際に忘れている。何を忘れているのかも忘れている。笑 だから読書の時間というのが必要なのかもしれないな、…

『最後の息子』吉田修一

★★★★★ (★について - NOVELIFE) 若いって、いいね。なんて思ってしまうのは、やはり歳をとったからなのかな。笑 吉田修一さんの、『最後の息子』という短編集を読んだ。「最後の息子」「破片」「Water」の3編が収録されているんだけど、その中の「Water」のキ…

『パークライフ』吉田修一

★★★★☆ (★について - NOVELIFE) つい最近、仕事関係で知り合った方が、僕と同じ名前だった。お互いにびっくりして、笑った。一気に近しく感じた。中学の時に同じ学年に一人いたんだけど、それ以来だった。中々出会うことってない。 と思ってたんだけど、また…