novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

『最後の息子』吉田修一


★★★★★ (★について - NOVELIFE)


若いって、いいね。なんて思ってしまうのは、やはり歳をとったからなのかな。笑


吉田修一さんの、『最後の息子』という短編集を読んだ。「最後の息子」「破片」「Water」の3編が収録されているんだけど、その中の「Water」のキラキラ爽やか青春感にやられた。


青春小説って、自分のその時代の記憶なんかと重なり、タイムトリップして小説の中に入り込むような感覚になるものと、逆に自分には無かった才能などを持つ主人公を羨ましく見てしまうものとがある気がする。


「Water」は前者だった。ということは、僕にもキラキラ爽やかな時代があったということか。笑


まあ、実際爽やかであったかどうかはさて置き、その時その瞬間には、気付けない感情ってのが多分ある。そしてこれは「今」にも言えること。


そう。この「Water」は、爽やかな青春を描きながら、僕に、今気付くことの大切さを教えてくれたのかもしれない。そういえば物語の中で、バスの運転手のおじちゃんが良い事言ってたな。


てかね。そんな難しいこと抜きに、本当に気持ちの良い小説。よくわかんないけど、やっぱり太陽ってすごいよなって思った。そんくらい眩しい小説。


泣いた。