novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

『春、バーニーズで』吉田修一


★★★★☆ (★について - NOVELIFE)


何だかんだと忙しい毎日を過ごしていると、何か大事なことを忘れてるような気がしてしまう。気がするというより、実際に忘れている。何を忘れているのかも忘れている。笑


だから読書の時間というのが必要なのかもしれないな、と思った。思い出させてくれる。


前回に引き続き、吉田修一さんの小説を読んだんだけど、やっぱりこの方は、何気ない日常を描くのがとても上手だと思う。些細な気付き、ほんの小さな感情の動き。


僕の生きている世界なんて、まあちっぽけなもんなんだろうけど、そんな中にも沢山、散りばめられている何かがある。もう少し、周囲や自分の事に敏感に気付くことのできる余裕を持って生きたい。


この『春、バーニーズで』は、前回読んだ『最後の息子』の表題作のその後の様子が描かれている。


なので、『最後の息子』から読んだほうがいいかな。うん。まず、閻魔ちゃんには出会っておいて損はないと思う。あ、『最後の息子』の登場人物ね。素敵なオカマちゃんだから。きっと好きになる。


そして、バーニーズでまた会いましょう。