novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

『キャプテンサンダーボルト』阿部和重&伊坂幸太郎

>


★★★★★(★について - NOVELIFE)


寝なきゃいけないのに。仕事で睡眠時間がかなり削られているっていうのに。なんなんだ。この小説は。全然寝させてくれないじゃないか。などと、考える隙もなく読むのに夢中になった。さすがに仕事に影響が出てはいけないので、我慢して寝たけども。


もう少し余裕のある時だったら、間違いなく上下巻一気読みだったろうな。いやあ、ほんと気持ち良いほど特盛エンターテイメントだった。最高。


ただ一つだけ謝っておきたいのは、阿部和重さんの小説を読んだことがないってことだ。謝ることじゃないけど、ただ、読んどけばよかったなと、後悔した。


この小説は、阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの合作小説なんだけど、どの辺が阿部さん的部分なのかがわからなくて。失敗したなと思った時にはもう遅かった。近いうちに読もう。


で。この『キャプテンサンダーボルト』なんだけども、もう魅力の宝庫というかなんというか、全部よかった。登場人物の個性、設定、展開、会話、散りばめられたギミック、分かりやすさ、読みやすさ。とにかく楽しませてくれる要素、それしかないって感じ。


簡単に言うと、世界規模のテロに立ち向かう元少年野球のチームメイトで30歳目前の男2人組の話。映画、漫画ドンと来い。でも、これぞ小説の醍醐味、持ち味ってところも存分にあった。


ああ。もうね、何から書いていいか分からないくらい魅力が沢山あるんだよね。どうしよ。思い出してたらまた読みたくなってきちゃったよ。


読んで書いて読んで書いてってやってると、なんだか感想を書かないうちは、読む、のほうに気持ち良く戻れなくてね。


実際のところ、書きたいより、読みたい、のほうが基本的に勝ってるからなあ。じゃあ無理して書かなくても、って話なんだけど、書きたい気持ちもあるのだよ。困る。


と、勝手な自分の心情を明かしたところで、やっぱり終わりにしよ。ダラダラ書いててもね。時間が勿体無いよ。いつ死ぬかわからんよ。スケールのデカさだよ。世界を救うのは僕だ。


とにかくだね、伊坂幸太郎さん&阿部和重さんの『キャプテンサンダーボルト』という小説が最高だから、読んでみて。ということです。