novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

『首折り男のための協奏曲』伊坂幸太郎

>


★★★★☆(★について - NOVELIFE)


長編だと思って読み始めたら、短編集だった。いくつかの雑誌のために書いた短編をまとめたものみたい。だから、連作短編集というわけではなく、一応ひとつひとつが独立したお話。


だけど、少しづつ繋がりを持たせてあって、不思議な感じのする短編集。振り回された感がある。時空のねじれってやつ。


その中に、合コンの話、という短編があった。昔はよくやったな、などと思い出しながら読んだんだけど、当時はもっとバカでくだらない話ばっかりしてた気がする。笑


なんてことはどうでもよくて。そんなただの合コンの話で、なんでこんなに僕を驚かせるのか。合コンの話で、目が潤んだのは初めてだよ。感動してしまった。


やっぱりさ、伊坂さんは、エンタメだとか文学だとか、そんなの関係ないねって思える小説を書いてくれる。便宜を図るためのジャンルとはいえね、そこに変にこだわりたくはないよね。


とか言って、僕も分類したがるタイプなんだけど。笑


矛盾してこその人間だよ。わはは。


何にしろ楽しみましょうよ、読書を。人生を。読書を楽しむって意味で、最適な作家さんだと思うよ、伊坂幸太郎さんは。僕はね。