NOVELIFE

読了した小説のささやかな記録。

初詣のお願い

書きたいことを書いて、それが売れるってのはすごい。理想だと思う。自分を表現して、それを受け入れてもらえるというのは嬉しい。そういう承認欲求みたいのは、やっぱりある。


そこは嘘をつきたくないところではあるんだけど、さじ加減が難しい。こうやってブログを書くようになって痛感。大して読まれてるわけではないんだけど。笑


こういう風に書きたいっていうのと、こういうのが読まれるし役に立つっていう書き方とが、まあ噛み合わない。小説も、あからさまに売れるために書かれたようなものは避けるし、逆に自慰的な小説も苦手だったりする。100%どちらかに偏ったものはないと思うんだけどね。


ほんと、ブログ書いてると迷いっぱなし。行ったり来たりしてる。難しいねえ。


役に立たないブログを書いているっていう罪悪感がね、時折ジワジワと来るんだよね。無駄な情報を公開して、人の時間を奪ってる罪悪感がね。すまないね。


だから、もう少し構成とか考えてみようかなとか、思ってる。来年は少し変えてみよう。


ま、要はね、読んでくれる人を増やしたいんだよね。そんな欲望の言い訳をつらつらりと書いただけであって、結局僕のエゴちゃんが飛び出しちゃったって話だよ。


支離滅裂万歳。


少しは役に立つブログってやつ、来年は書けるかな?


初詣でお願いしよっと。