novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

『オーデュボンの祈り』伊坂幸太郎

★★★★★(★について - NOVELIFE)


熱量がすごい。デビュー作には作家さんの全てがある、と言われるけど、まさにという感じだった。伊坂幸太郎さんの、書きたいという欲がぐわぐわと押し寄せてくるような感じ。


だからと言うわけではないけど、これから伊坂さんの小説を読んでみよう、と思っている人は、この『オーデュボンの祈り』は、最初に読むべきではないかもしれない。上手く言えないけども、少し他の作品に触れてからのほうがいいような気がする。


とは言え、この小説は素晴らしい。僕は泣いてしまった。既読の方は、え?どこで?と思うかもしれない。決まってるよ。あそこだよ。あそこ。僕の場合は、ピピっと琴線に触れたんだよね。夢があるなって思った。


でも正直、途中まではイマイチ入り込めなかった。というか、以前、読了せずに途中で投げ出した経験もあり。でも、今回はちょっと無理して先に進んでみたら何のその。段々面白くなってきて、最後のあれ。一気に解放された。最初から様々な伏線が散りばめられていて、意味があるんだけど、もうどうでもいいや、ってなるくらい清々しかった。いや、どうでもいいわけではないんだけど。笑

登場人物たち

カカシは喋るし、桜は人を殺しても咎められない。登場人物たちのクセはやっぱりすごく強くて、魅力的ではあるんだけど、特に僕好みの人物はいなかった。それが、前半なかなか読み進められなかった要因でもあるんだけど、これもやっぱり、最後のあれでどうでも良くなった。いや、これもどうでも良くはない。笑。登場人物たち皆んなが、重要な役割をしっかり果たしていた。

伏線回収

序盤でパズルのピースがばら撒かれ、中盤で徐々にピースがはまりだし、ラストでバチっと完成。まあ、良くできたミステリなら、定番なんだけど、この『オーデュボンの祈り』では、完成したパズルが美しすぎて、作っていたのを忘れてしまった。と言う感じ。余韻が残った。


何にしても、やっぱり伊坂幸太郎さんの伏線回収っぷりは見事で気持ち良い。

今のところ

まだまだ未読の作品はあるけど、今のところ一番かもしれない。