novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

繊細な感性と静謐な物語。『羊と鋼の森』宮下奈都

>


☆☆☆☆☆


良い小説に出会った。好きです。


生きているということは、それだけでその人の個性なんだよな、と思う。自分には何もないと諦めてしまいがちだけど、気付いていないだけで本当はすでにある。


オリジナルという言葉を簡単に使われてしまうことが、僕はあまり好きではないのだけど、でも逆にその人のオリジナリティーはごく自然に、当たり前のようにあるものなのかもなあと、この『羊と鋼の森』を読んで思った。


そういう風に当たり前のようにあるものに気付くには、丁寧に注意深く生きないといけないんだろうけど、なんだかんだとせわしなく過ごしていると、なかなか難しい。


だからというか、そんな時にこそ宮下奈都さんの、この小説『羊と鋼の森』を読むといいのかなと思う。宮下さんの静かで繊細な文章に触れると、自分の周りの微細な変化にも気を配るようになれる。そんな気がする。

あらすじ

一人の高校生が、ピアノの調律師という仕事に出会い、やがて自らも調律師となる。その繊細な仕事を通して、青年はピアノと向き合い、人と向き合い、そして自分と向き合いながら成長していく。

調律師という仕事

この小説で、ピアノの調律師という職業の存在を初めて知った。言われてみれば、そりゃ居るよなぁ、とは思うけど、誰も教えてくれないから気付かない。いや、他人のせいにしてはいけない。笑。


でも、そのような陰で支える仕事というのは、他にもたくさんあるのだろうし、そういう人たちがいるからこそ、この世界は成り立っているのだと思う。感謝しなくてはいけない。


それにしても、本当に繊細な仕事だろうね、ピアノの調律師というのは。精神的にも技術的にも。凄いなあと思う。ただ、これは自分の仕事にも共通するところもあって、かなり興味深く読んだ。


主人公の外村くんの性格も、自分と重なるところが多くあって、彼が仕事に向き合う姿勢に、わかるなぁ、と頷くところもあった。まあ、よっぽど外村くんのほうが素直で良い子だけども。笑


そんなひがみはさて置き、そのピアノの調律師という繊細な仕事を、そして、それに関わる人たちの心の機微を、読み手に伝わりやすく繊細な文章で丁寧に描かれていて、良い小説を読んだな、と素直に思った。外村くんに負けじと、僕も素直になれた。


未読の方は是非。