novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

『ミステリアスセッティング』阿部和重

>


★★★★★


以前に、阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの共作『キャプテンサンダーボルト』を読んで、かなり面白かったとブログに書いた。


その時点では、阿部和重さんの小説は読んだことがなかったので、早速本屋でデビュー作の『アメリカの夜』を見つけて購入し、読んだ。ただし、途中まで。


正直、うわぁ面倒くさいなこの人、というのが最初の印象。笑。でも気づいてしまった。これは自分だと。この面倒くさい感じ。客観的に見るとこうなんだよ、お前は。と言われてるような気がして、目をそらすように読むのをやめた。


それから気にはなりつつも、阿部さんの小説を避けてきたんだけど、ふと、また本屋で目に入ってしまって、手に取ったのがこの『ミステリアスセッティング』だった。パラパラとめくって見ると、かなり読みやすそうな雰囲気で、コレならいけるかもと思い購入。そう、最近は特に読みやすさ重視。笑


で、思った通り全然いけた。というか、かなり良かった。『キャプテンサンダーボルト』が、何となくその辺で言われているように、伊坂幸太郎さん寄りの小説、ではないというのがよく解った。


『キャプテンサンダーボルト』を読んで、面白いと思ったなら、間違いなくこの『ミステリアスセッティング』も面白いと感じると思う。


テーマも近いし、互いにエンターテイメント性も高い。『アメリカの夜』の自意識的な感じとはまるで違うように感じた。


『ミステリアスセッティング』は救いの物語だ。しかも、ど直球の救いだと僕は思う。思うというか、救われたのだから、紛れも無い事実だ。


示唆的な部分も多く、色々と考えさせられるけども、最終的には、とにかくあなたはそれでいいのだ、と言われているような気がした。


甘んじてはいけないけども。


にしても良かったなー。『アメリカの夜』はもう少し後回しにして、ちょっと他の作品を読んでみようかと思う。