novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

『問いのない答え』長嶋有


★★★★☆


何でこんなの書けるんだろね。やっぱ長嶋有さんは天才だ。いや、さすがにそれは言い過ぎか。そう。そうなんだよ。この「過ぎた」が良くないということなんだよね。そして、「過ぎない」小説を書けるのが、長嶋有さんなんじゃないか、と思う。


きっと、「過ぎた」小説のほうが売れるんだろうけどね。でも長嶋さんは、そういうのを書かないということをさり気なく書く。すごい。僕は長嶋有さんの小説が好き「過ぎて」、その事を書こうとすると、そういう風にしか書けないのだということをまさに今、実感している。


何言ってるか分かんないね。まあいいや。


ということで、今回は『問いのない答え』という小説を読んだよ。


最初に言っちゃうのはあれだけど、とりあえず言えるのは、とても読みづらい、という事。この小説は、いわゆる群像劇なんだけど、その登場人物たちの視点が行間などの区切りがなくコロコロ変わって、数行読んで、あれ?いつの間に変わったの。ってこともしばしば。そういう意味で結構読みづらい。


でも、そのおかげで、まさに同じ時間に、どこか別の場所で、誰かが何かを考えたり動いていたりしているのだ、という感じが伝わってくる。


その文体は、この小説の題材となっている、「ツイッター」のタイムラインに次々とつぶやきが表示される感じを表しているのかな、という気がする。


にしても、こういうのを書けるのは長嶋有さんくらいなんじゃないかね。面白いとかそうじゃないとか、そういうの抜きにして、とにかく挑戦する姿勢が好感触なのですよ。でもそういう気概も、気負いもいい意味で感じさせないんだから、これまたすごいなと。


この小説では(というか長嶋さんの小説はだいたいそうか)、実際にあった事件などに関しても実名を用いて書いている。それを読んで、ああ、そんなこともあったな、などと思い出す。と同時に、それに対する、長嶋さんの独特な捉え方に、はっ、となる。


何かのインタビューで長嶋さんが、普段の生活の中でも色々なことを感じとることのできる人は、小説を読む必要はないんじゃないか、というような事を言っていた。つまり長嶋さんが描いているのは、物事に対する一般的な考えとは、ちょっとだけズレた感性というか、そういう風にも捉えられるのか、という部分なのかなと、思う。


そして、この『問いのない答え』の中に、「それこそが報道でない、文学の言葉の領分なのです」なんて台詞が出て来て、なんとなく、ああそうか、それが文学というものかと得心した場面もあった。


そうやって、作家さんの文学観というか、その捉え方を知る(知ったような気がする)と、また読み方も変わって来て面白い。そして、ますます小説にハマっていくのです。


ああ。結局、『問いのない答え』に関する感想はあまり書かないまま終わりそう。笑。でも眠くなって来たし。そんな自分勝手なブログを読んでくれてありがとう。


とにかくさ、長嶋有さんの小説を読みなよ、ってことですよ、皆さん。では、おやすみなさい。