novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

『オテルモル』栗田有起



夢をよく見る人とそうでない人がいるけれども、どう違うのだろうか。僕はあまり見ない。妻はよく見るようで、起きがけに、見た夢の話をすることも少なくない。


あまり見ない僕からすると、何でそこまで覚えているんだろう、ってちょっと訝しんだりもする。結構細かいところまで覚えているんだもの。でも、そういう人もいるのだなと受け入れて、話を聞いている。


それにしても本当に、夢って支離滅裂で、滅茶苦茶なんだけど、それが何かを示唆しているのだろうな、というのは感じる。


小説のようだ。と、栗田有起さんの『オテルモル』という小説を読んでいて、ふと思った。


小説の中で、


「悪夢が悪魔であるのはもちろんだけれど、悪魔のいいなりにはならないと強い意志を持ちつづけていれば、夢はこれ以上ない遊び場になりえるのではないかと思った。現実には持つことのできない自由を、手にすることもできるのではないか。」


とあって、これは小説にも云えることなのではないか、と感じた。そして、その後に、


「夢がその持ち主だけのものでないとしたら、他人が、この夢おもしろいなあと思うことは、当人を悪夢から遠ざける助けになるかもしれない」


と、続き、当人とあるけれども、これは他人も当人もと言ってもいいのかなと。勝手な解釈をした。


まだ栗田さんの作品はそれほど読んでいないけれども、読了したものは、ほぼ読後感は爽快で前向きになったような気がする。悪夢から遠ざける助けになっている。


ただ、その辺は一貫している(とりあえず読んだものについて云えば)けれども、ちょっと感じたのは、栗田さんの作品は、短編(もしくは中編)のほうがキレがあっていいんじゃないかなってこと。勿論、長編も面白いんだけどね。短めの小説のほうがテンポよく、スキッとした気持ち良さがある気がする。


ま、好みですけども。


何はともあれ、夢見ましょうよ。なかなか夢見ないなあ、なんて人は小説読みましょうよ。ということですね。