novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

『幻影の書』ポールオースター


『幻影の書』の主人公ジンマーは、絶望の中、ヘクター・マンという喜劇俳優の短編映画に偶然(偶然というのが大事な要素ね)出会う。そして生きていく目的を見いだす。


僕は特に人生に絶望するほどの体験はしたことがないけれども(記憶から消してしまっただけかもしれない)、それなりに落ち込み、自分を見失うような時も無くはない。


やはり生きていくには、何か目的や目標のようなものが必要なのかもしれないな、と思う。それが僕にとっては読書なのかな(今は)。そう考えると、ジンマーがヘクター・マンと出会ったように、僕はポールオースターと出会ったとも言える。


生きる目的を与えてくれたポールオースターに感謝。大袈裟かな。笑


でもやっぱり面白いよ、ポールオースターの小説は。ニューヨーク三部作も好きだけど、『ムーンパレス』や、この『幻影の書』のような、何もかも失って絶望的な境遇の中に射す偶然という光、みたいな物語が特に好き。


他にも、物語中物語(オースターお得意)だったり、何人かの人物の物語が重なりあったりと、ストーリーに重厚感があるところもいいよね。そういう意味では、『オラクルナイト』が特に良かったかな。


何にしてもポールオースターの小説は、何度も読みたくなるし、実際また読み返すと違う良さが感じられて面白いな、と思う。


まだ作品全ては読めていないけども、いずれ読んだら自分なりにまとめたいな。ま、いつになるかはわからないけど。僕は文庫で読みたい人なんで、早く文庫化してほしいなと切に願ってます。