novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

『1984年』ジョージ・オーウェル

>

なかなか仕事が忙しく、ゆっくり小説を読む時間がなかったんだけど、毎日チビチビと10数ページずつ読んで、読了。


ジョージ・オーウェル『1984年』


出張先なので、コインランドリーで洗濯しつつ待ち時間にブログ書く。


しかし、3週間くらいかけて読んだけど、意外と内容忘れないもんだね。というか小説を読むのって、そういうとこあって、読んでる途中というよりも読み終わってからジワジワと何かがやってくる感じってある。


本を読みたいけどなかなか最後まで読めない人って、完璧に読もうとしてる気がする。まあ、僕も最初はそうだったけど。笑。


でも、(まあ何でもそうだけど)なんだか途中でよくわかんなくなっちゃったけど、とりあえず読み進めてみると、読み終えた時には、意外とわかってたりする。


どうせ人の記憶は速攻で消えちゃうからね。3ページも読めば、最初のページの内容なんて忘れてる。いいすぎ?笑。


完璧な記憶なんてのは無くて、あるのは断片だし、曖昧だしね、そんなもんだから、気にせず本はバシバシ読むべし。


で、ジョージ・オーウェル『1984年』。これはまさに記憶の話。如何に人の記憶は曖昧か、なのに人は記憶で生きている。そんな不確実な人間の本質に迫る。


まあ、これはちょっと偏った読み方かもしれないけど、読み終わって何となく印象に残っていた記憶(曖昧な)が、それだった。


この『1984年』は、全体主義へのカウンター的な読み方が一般的なようだけど(勿論それもある)、僕は、途中からどうにもそういう風に読めなくなって、カウンターを合わせにいったところに、逆にカウンターくらっちゃったみたいにガツンと痛みを感じた。


なんか、誰かさんや何かさんにコントロールされずに、自分の意思で生きたいと思ってるけど、結局操り人形に過ぎないんだなと感じてしまう。それは本当に自分の意見なのか?と訊かれれば、いいえと言うしかない。はい、は嘘だ。


結局死ぬまで自問し考え続けるしかないということなんだなあ。


ジョージ・オーウェル『1984年』。正直きついお話だけど、読んでみて損はない小説だと思う。難しいかなと思って、ちょっと敬遠してたんだけど、全然読みやすいかったし。


おすすーめ。