novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

『あなたが消えた夜に』中村文則

>

なんていうのか、大好きな作家さんというわけではないんだけど、時折ふと読みたくなるのが、この方の作品。



読みたくなるんだけどね、読み始めるのには少しの気合と大きな覚悟が必要で、後回しにしがち。というのも、初めて読んだ『遮光』のインパクトが強すぎて、それがなかなか拭い去れないのが要因かと。


でも最近の作品は少し読みやすくなっている印象もある、といえばあって、今回の『あなたが消えた夜に』も、読み始めはその辺によくあるミステリ小説といった雰囲気、だった。


でも、やはり読み終えれば中村文則氏。この方の作品は、その世界に引き込まれるというより、逆に自分の中にぐりぐり無理やり入り込んでくるものが多いけど、この『あなたが消えた夜に』も例に漏れず。


ぐりぐり入り込んで、僕の中の悪魔くんをしっかり見せてくれましたよ。見たくないはずなのにね、それを見ずにはいられないというこの人間の不可解さ。面白。


と、まあそんな感じで読後の疲労感がなかなかなので、当分文則さんは読みません。なんとなく自分が善人になったような気がしてきたら、また読むんじゃないかね。