novelife

読書好きおじさんの小説紹介的雑文集

★について


以前このブログで、読んだ小説に点数をつけるのをやめた、というようなことを書いた。どうも他の小説と比較して点数をつけるというのが、なんだか違うなと思って。微妙な点数の差をつけるのは無理だし、そもそも比べるものでもないかなと。


まあ、細かく判断基準を設ければいいのだろうけど、そんなことしてたら純粋に小説を楽しめなくなっちゃうし。


でも、なんとなく自分の中で整理はしたいなと思ったので、もっと大雑把な感じでいこうと決め、★マークだけでちょっとやってる。

基準

一応基準としては、再読したいかどうか。基本それだけ。細かいところについては↓


  • ★★★★★

確実に今後も保有して、絶対にまた読むよ、ってやつ。何度でも読みたい小説。

  • ★★★★☆

これはまた読むかも。一応所有しておこう。

  • ★★★☆☆

一回読めばいいかな。手放してもOK。読みたい人の手に飛び立たせる。



そして、★2つ以下はなし。そもそもあまり面白くないなあと感じたりすると、最後まで読まないので。一応読了したものだけを紹介、ということで。だったら5段階じゃなくて3段階にすればいいじゃないか、と思うかもしれないけど、なんか★1つってつけづらくてね。笑


ということで、完全に自分の感覚が基準になっちゃうので、好きな作家さんの系統が似ている人には、もしかしたら参考になるかもしれないんだけど、そうでない人は、星★の数は気にせずによろしくね、という感じ。


まあ、とりあえずコレでやっていこうかなと思う。やっているうちに変わっていくかもしれないけども。


何はともあれ、楽しく読書して、楽しくブログを続けていきたい。